〔法の下の平等貴族制度の否認、栄典の限界〕

 

 

 

        第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係にお

いて、差別されない。

2  華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の

一代に限り、その効力を有する。  

 

〔公務員の選定罷免権、公務員の性質、普通選挙秘密投票の保障〕

第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。 
 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system