昭和21年11月 3日公布

                                                                                                                                            昭和22年 5月 3日施行

上諭

  

 朕は、日本国民総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法第七十三条による帝国議会の議

決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。(原文旧漢字等) 
 

 日本国憲法にも公布の際に上諭が付された。これは、公式令第3条第1項が「大日本帝国憲法の改正は上諭を付して公布する」と規定していたことに基づく。

旧憲法第73条に規定する憲法改正手続に基づき日本国憲法が制定されたという建前を表明したものである。
 

 ところが、「憲法の改正には一定の限界があり、改正により主権の所在を変更することができない」という見解(現在の通説)によると、旧憲法の改正手続に

より国民主権の原則を採用した憲法を制定することはできないはずである。この問題の解決としては、いわゆる八月革命説により説明が試みられることが多

い。
 

 

 * なお、日本国憲法に付された上諭は、大日本帝国憲法に付された上諭と異なり、単なる公布文であり、憲法の一部を構成しない。 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system