〔不利益な供述強要禁止、自白の証拠能力

    第38条   何人も、自己に不利益な供述を強要されない。

2  強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。

3  何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

   〔刑罰法規の不遡及、二重処罰の禁止〕
 

第39条  何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、

重ねて刑事上の責任を問は

れない。 

 

刑事補償

第40条   何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。

 

 

 

13

 

 

 

inserted by FC2 system